映画のある家
お気に入りの映画紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

さらば箱舟

1984年ATG映画 監督:寺山修二 主演:山崎努 原田芳雄 小川真由美


ATG映画というだけで泣けてくるなー。って年齢ばれちゃう?


今度紹介しようと思ってる映画に「燃えつきた納屋」っていう仏映画があります。シモーヌ・シニョレが重厚な演技で地方の一家を預かる母親役を演じ、アラン・ドロンが執拗なまでに正義を貫こうとする美男の判事を演じています。名作です。


アラン・ドロンが執拗なまでに正義を貫くほどに、シモーヌ・シニョレが守ってきた大切なものが失われていきます。


大切なものって何?それは勿論、平穏な暮らしですよ。仲が良く、穏やかに暮らす家族。


しかし、判事アラン・ドロンが捜査を進めるごとに、実は平穏の裏に長男と弟嫁の姦通とか、知らなければ皆が幸せだった事実が明らかになります。


そして結果、アラン・ドロンが嫌疑を掛けた一家、つまりシモーヌ・シニョレの家族は皆無実。犯人は全然関係の無い男。


こんな酷い仕打ちってある?無罪にはなったけど家族は滅茶苦茶。


その点、日本の、特に田舎の家族というのは賢い。


家長やその妻、或いは年寄りは何でも知っている。家が小さくて襖と障子だからでしょうか?下の話まで全部、知ってる。知ってる上で隠したり、隠させたり、知ってて知らない振り、いろいろする。


本当のところ、家族だってみんな知ってて知らない振りしてる。家長や年寄りから無理矢理押し付けられた嘘も、黙って納得しちゃう。だってそれが家族を守る唯一の方法だから。


だから、フランスのような悲惨なことにはなりません。


でも、文明開化が除々に訪れていて、本当のことを口にしてしまう人が増えてきましたよね。良かったんだか悪かったんだか。


さらば箱舟
さらば箱舟

百年の孤独
百年の孤独



「さらば箱舟」のことが読めるblog
「さらば箱舟」
http://wing.way-nifty.com/blog/2005/05/post_a15d.html

ビデオ「さらば箱舟」寺山修司
http://mirrorka.ameblo.jp/entry-a84596ec1931e188fe8717e29b993cfa.html

「家族ゲーム」
http://diarynote.jp/d/29346/20040405.html

最近の再発ものは侮れない

http://nomidi.exblog.jp/357439/

ひえ~。
http://dearcat.no-blog.jp/dearseagull/2005/03/post_2.html

さらば箱舟
http://flowerpurple.blog.ocn.ne.jp/flowerpurple/2004/09/post_5.html

ツタヤ100円セール? 
http://blog.so-net.ne.jp/quiqui/2005-04-29

新高恵子さん
http://blog.goo.ne.jp/peacex/e/04a9ff1f974e4d4056486d8fae748e2a
スポンサーサイト
【2005/06/15 09:30】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(3) |

未知との遭遇

1977年米映画 監督:スティーヴン・スピルバーグ 主演:リチャード・ドレイファス


三島由紀夫の「美しい星」という小説をご存知ですか?耽美主義作家が著した唯一のSF作品です。


或る日、自分が火星人であると気付き、また家族も皆、自分達が火星人であることを自覚する。そんな家族がUFOの飛来を希求する、という話です。


ちゃんと山も出てきますよ。冒頭から。


テーマは違うけど情景が似てるなーっと感じます。


しかし、違うといっても逆か!スピルバーグのそれは人類はただ一人ではない、という温かいもので、三島のそれは「孤独」ですね。


スピルバーグって日本趣味らしいから読んだことあったんでしょうか?


未知との遭遇 【ファイナル・カット版】
未知との遭遇 【ファイナル・カット版】

スペース・ファンタジー~スター・ウォーズ&未知との遭遇
スペース・ファンタジー~スター・ウォーズ&未知との遭遇

美しい星
美しい星



「未知との遭遇」のことが読めるblog
タイの未知との遭遇風コミックとは?

http://blog.goo.ne.jp/trick12/e/dfa150f4121e066f9a48c540cba3cb1e

未知との遭遇
http://saigen-saimeda.cocolog-nifty.com/saigen/2005/06/post_d762.html

未知との遭遇か!?町中大騒ぎとなったその正体
http://azoz.org/archives/200410061200.php

未知との遭遇  [ひろいもの。]  
http://blog.so-net.ne.jp/yonda/2005-03-26

未知との遭遇

http://kkws.blog1.fc2.com/blog-entry-353.html



「美しい星」のことが読めるblog
三島由紀夫『美しい星』
http://hondana.ameblo.jp/entry-a1ba44e222f104185123cb2652fd06ff.html

アヤシイ夜に、地球を賭けて真剣勝負!

http://yossy04.exblog.jp/902030/

三島由紀夫についてうんたらかんたら言ってみる
http://blog.livedoor.jp/kyaramerumama/archives/669775.html

「美しい星」って、地球のことなの?それとも金星かなぁ。

http://soranosohu.exblog.jp/1899139

偏差値30からの三島

http://tsuzura.exblog.jp/2165445/

抜糸しました
http://blogs.dion.ne.jp/leo/archives/1112987.html
【2005/06/14 11:17】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1) |

マタンゴ

1863年東宝 監督:本多猪四郎 主演:久保明


今回はマタンゴ。超有名な映画ですよね。知らない?ビデオで見た方がいいよ。


いざとなったら人間どうなるか?本性が現れますよね。


お上や新聞の発表によると日本の景気は回復してるそうですが、実感のある人います?私の周りは更に不景気が進展。こりゃ年内には生き別れになっちゃうなーって感じの人、二人はいます。いや、正確には四人かな?


勿論、倒産ですよ倒産。倒産→夜逃げしそうな人ってことですよ。


思えば、昨年は一年間で夜逃げ二名、自殺と思われるもの(新聞発表は一酸化炭素中毒)一名、行方知れず三名でした。


なんか知り合いがどんどん少なくなってっちゃうなー。


ところで、


倒産って或る意味、現代社会における極限の状態ですよね。そういう状態になると、人間関係が変化するっていうことに最近気付きました。


そんなこと気付かなくてもいいのにね。一生気付かないまま暮らしたかったわ。


友達が変わりますよね。今まで仲良かった人と仲が悪くなる。仲が悪かった人に死ぬか生きるかの相談をしたりする。


面白いよね。


余裕があるときは、楽しい人と仲良くするけど苦しくなったらそういう人って逃げてっちゃうのよね。逃げずとも、まあ役に立たない。


だから倒産する時って、親しい人ほど知らなかったりするんですよ。


マタンゴってそんな映画。そんで人間って欲深いから、奇麗事言ってても結局、おいしい毒キノコ食べてきのこのお化けになっちゃうんだよね。


人間って悲しい。(T_T)/~


マタンゴのことが読めるblog


マタンゴ
マタンゴ

マタンゴ
マタンゴ



マタンゴ
http://fdb2231a.mo-blog.jp/ao/2005/01/post_21.html

マタンゴ
http://blog.goo.ne.jp/3788616/e/c7516fa01561abf4940b934e9a6c0c25

マタンゴ
http://www.eigaseikatu.com/title/2984/

マタンゴ雑記?
http://syozo-ida.cocolog-nifty.com/matango/2004/10/

マタンゴ III -King of MATANGO -
http://cafesolari.exblog.jp/1218460/

「マタンゴ」怖かったよ〜  [好きなもの。]  
http://blog.so-net.ne.jp/spring-has-come/2005-03-20

3/22「呪いの館にゃ、行っちゃいけねぇ!」
http://blogs.dion.ne.jp/mindama/archives/793580.html

マタンゴ#283 1963年 日本 91分 東宝SF特集
http://blog.goo.ne.jp/manamana629/e/1f3f12c49b5a2097339b75ad4bd6ac9b

毛虫トレイン
http://blog.erostika.net/index.php?itemid=81839
【2005/06/13 14:21】 未分類 | トラックバック(3) | コメント(3) |

ファントム・オブ・パラダイス

1975年米作品 監督:ブライアン・デ・パルマ 主演:ポール・ウィリアムズ、ウィリアム・ファンレイ


おめでとう日本代表!ドイツ行き決定!


人生って不公平だな、て感じることが多い今日この頃です。同じことをしても、人によって周りの評価は全く違う。


勝っても負けても評価される選手もいれば、引き分けただけで「あいつの責任だ!」と戦犯扱いされる選手もいる。


往々にして、負けても評価される選手って人当たりが良いですよね。明るい印象で、さっぱりした所謂スポーツマン。逆に戦犯扱いされる選手はスポーツマンらしからぬ(?)気難しさを持っている。


どっちが真面目かって本質的は後者の方が真面目だし、天才肌なんですけどね。


どうも日本はそういう選手が受け入れられ難いのかもしれません。激しい個性が必要なFWの選手が大成しないのはその辺が理由かもしれませんね。


で、真面目な人、特にプラス才能のある人は社会(或いは組織)の中では潰されてしまう。


ファントム・オブ・パラダイスは、ガストン・ルルーの高名な作品「オペラ座の怪人」をロック版に書き換えた映画。およそ映画化された「オペラ座の怪人」の中でも最も優れた作品ではないでしょうか?巨匠デ・パルマの最高傑作と呼んでも過言ではありませんし、どのような賛辞も追い付かないほどの名作だと思います。


ストーリーは悪魔に魂を売った音楽プロデューサーに自作の曲を盗まれ、顔半分と声を潰され、恋人までも奪われた哀れな天才作曲家の復讐の物語。


天才って可哀想、って思う今日この頃です。ああ、天才に生まれなくて良かった。


「ファントム・オブ・パラダイス」を紹介しているblog


■『ファントム・オブ・パラダイス』
http://blog.toycozy.com/blog/archives/2004/12/25-2304.php

Get your self together.ファントム・オブ・パラダイス
http://blog.goo.ne.jp/tango22/e/f6d4ae3d0361ccf2a380de556d1b9ed3

『ファントム』という名前
http://hiro-tokyo-nagasaki.de-blog.jp/syumiyuyu/2005/02/post_16.html

ファントム・オブ・パラダイス
http://trust-me-swan.cocolog-nifty.com/swan/2004/08/post_2.html

『ファントム・オブ・パラダイス』
http://fringe.jp/blog/archives/000270.html

ファントム・オブ・パラダイス
http://yaplog.jp/kazupon/archive/78

いやーすごいねデ・パルマ「ファントム・オブ・パラダイス」
http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2005-05-16

「オペラ座の怪人」公開記念!?「ファントム・オブ・パラダイス」
http://okapon.ameblo.jp/entry-94c1192f135591818f6812b373ff4f03.html

オペラ座の怪人
http://blog.goo.ne.jp/edamame88/e/e6ff38704415d7c0653a34c86eaf2554

ファントム・オブ・パラダイス
http://www.pwblog.com/user/hagi2/sf_life/1231.html


ファントム・オブ・パラダイス
ファントム・オブ・パラダイス

オペラ座の怪人
オペラ座の怪人

【2005/06/10 18:10】 未分類 | トラックバック(6) | コメント(2) |

隠し砦の三悪人

今回からライター交代しますisoDでーす。
orz氏とは違う視点から生活に潤いを与える映画情報を書きたいと思います。
*************************************************
1958年東宝 監督:黒沢 明 出演:三船 敏郎、千秋 実


orz氏と違う視点と言いながら早速「隠し砦の三悪人」?と思わないで下さい。この二十余年のSF映画シーンをリードしてきたスペースオペラ、スターウォーズ・シリーズの元ネタだったって知ってます?


第一作なんかそっくり。千秋実=C-3PO、藤原鎌足=R2-D2として見れば台詞まで一緒(R2-D2の「ピーヒャララ」まで一緒か?)。更に上原美佐演じるお転婆お姫様はレーア姫(上原美佐の方がレーア姫っぽいくらい)。


三船敏郎がハン・ソロかというと、もっとごつい感じ。


たまたま居合わせた人達が、一つの目的に向かって命がけになる、って理由も無く胸躍りますよね。


なんか今の時代なら馬鹿な人たちだなーって感じかもしれません。昔の人の方が純粋っていうか、格好良かったなー(ってテーマorz氏と一緒じゃん)。


「隠し砦の三悪人 」を紹介しているblog
隠し砦の三悪人
http://blog.goo.ne.jp/junenjoy/e/a06dd36d222490a22aa899620a5609f8

映画の缶詰<スター・ウォーズ>
http://movie-max.seesaa.net/article/3584413.html

隠し砦の三悪人(劇場)
http://aili.blogzine.jp/cinema/2005/01/post_5.html

スター・ウォーズの最新作を観て来た
http://ronstadt.blog4.fc2.com/blog-entry-67.html

黒澤明作品ベスト5+を選定した!
http://mayoeru50.exblog.jp/1038547/



「昔の方が純粋」のキーワードのあるblog
ぴこぴこ
http://blog.livedoor.jp/lamkks/archives/8619739.html

そういえば
http://shiho.lomo.jp/blog/archives/000118.html


隠し砦の三悪人
隠し砦の三悪人

【2005/06/07 17:00】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1) |

PROFILE

TSUTAYA online
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

CATEGORY

LINKS

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。