映画のある家
お気に入りの映画紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブレードランナー

1982年米映画 監督リドリー・スコット 主演ハリソン・フォード
公開当時はB級映画?と勘違いされるほど注目されなかったが、公開後数週間でカルト・ムービーか?と思われるほど熱狂的なファンを生み出した。
原作は有名なフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 。自然の破壊された近未来、住民はペットの飼育が最上の贅沢だった。主人公のデッカードもペットとして羊を飼っているがアンドロイドだ。
題名は、アンドロイドが「せめて電気羊を飼うような生活がしてみたい」と願う=人間になりたい、という意味を込めて付けたと思われるが、しかし映画の中でも原作の中でも、デッカードら人間も実のところ大して変わらない生活をしている。原作で、デッカードは屋上に電気羊を飼っていて、それが大きな満足感となっているのだ。
このSFとしてはありふれたテーマでありながら、狂信的なファンを集め、未だに多くのマニアがいる理由の一つに、リドリー・スコットの描き出した都市空間がある。
不朽の名作である「2001年宇宙の旅」が描いた空間、それは宇宙船の中だったが、その高度な技術の進歩を予見する空間に対し、ブレードランナーのそれは、むしろ人類の科学技術の後退を予見させる。
レプリカント(アンドロイド)が出てくるのだから、高度な技術の進歩はあるのだろうが、デッカードや、狩られるレプリカント達の住まいはみすぼらしい。この世界に庭の存在など想像すら出来ないほどに、窮屈なアパートメントだ。
地下室のように無機質な壁やドア、あるいは通路。全てが灰色で温かみを感じることはない。
そして都市には止むことの無い酸性雨が降り続き、窓から差し込む陽光はいつも夕日のように赤い。
凶悪な姿で登場するレプリカントだが、実は奴隷のようなロボットの生活から、人間のような自由を求めただけ。そんな彼らが辿り着いた先がこの牢獄のような家なのだ。
スポンサーサイト
【2005/05/17 19:12】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?映画「ブレードランナー」の原作ですが、内容はかなり違います。 仮想本棚&電脳日記【2005/07/09 21:18】

PROFILE

TSUTAYA online
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ARCHIVES

CATEGORY

LINKS

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。